1年で新車を手放しました

 

私の場合新車で購入した車を1年で売却しました。
買ったのは町の修理工場で、売った先も同じ修理工場でした。

 

だいたい新車購入価格の6割の値が付きました。
走行距離は5000キロ程度で、どこも悪くなく、エンジンも快調そのものでした。外観等も普段から丁寧にワックスをかけたりと自分でしていましたので、申し分ない状態だったと思います。
おそらく買った人はいい買い物をしただろうなと思いますね。我ながら羨ましいです。

 

では何故そんないい車をわずか1年で手放したのかというと、道に飛び出してきた赤ん坊を轢きはしませんでしたが轢きそうになったことがきっかけでした。子供の俊敏さに助けられて私は事故を起こさなくて済んだのです。

 

ですから乗っていたクルマに不満があったとか、そういう理由ではありませんでしたので、まさにクルマはどこも悪くなかったのです。
こんな理由で車を手放す人がどのくらいいるのか分かりませんが、一年間の交通事故による死者が1万弱という数字を見ますと、決して少なくないオーナードライバーさんが事故を起こさないまでも危うい経験はしていると思いますので、私のような理由でクルマは悪くないのに運転が嫌になって売却をしようとするかもしれませんね。

 

そういうクルマと出会えた人は幸せだと思います。